結婚式の招待状を誰に送るか

 結婚式・披露宴の招待状を誰に送るかというのは非常に大切なテーマです。結婚式や披露宴に招待したい人全員を呼ぶのはなかなか難しいところもありますので、招待状を誰に送るか、ある程度絞りこみながら検討していく必要があります。 結婚式・披露宴には、会場の広さや予算のこともあり、招待したい人全員を呼ぶことは困難です。まず、結婚式・披露宴の招待状を送りたい人を、男性側・女性側それぞれがリストアップします。思いつく人はすべて、とりあえず書いてみます。次に、それぞれの人にランク付けをしていきます。Aランク=主賓クラス、Bランク=必ず招待したい人、Cランク=できれば招待したい人、の3段階程度に分けると考えやすくなります。 その後、男性側と女性側のリストを突き合わせ、どこまでの範囲の人を何人ずつ招待状を送るのかを調整します。 親戚の正体は3親等までが一般的ですが、仲良しのいとこがいる場合や、地方のしきたりでもっと広範囲まで呼ぶ必要がある場合には、臨機応変に対応します。 友人・知人は、会社の上司、先輩、同僚や大学・高校・中学などの友人を招待します。しかし全員を呼ぶのは無理な場合が多いので、それぞれのグループから特に親しい人、代表になる人を招き、残りの方々は2次会に招待します。2次会を行う予定がなければ新居に招待するなどして、日ごろの厚情に対する感謝を示すことが大切です。 男性側と女性側の招待客はほぼ同数というのが基本ですが、それほど神経質になる必要はありません。ただ双方の人数がかけ離れて違うときは、共通の友人・知人に人数が少ない側の招待客として出席してもらったり、人数が多い側の招待客を絞ったりして調整します。どうしても調整がつかなければ、席次を工夫して、招待客数の差が目立たないようにします。ただし、女性側の招待客が男性側より極端に多いのは、できれば避けたほうが無難です。 親戚を主体に招待するか、友人・知人を中心にお呼びするかも、両家で相談します。一方の席は年配者ばかり、もう一方の席は若い友人ばかりでは、招待客のバランスがとれなくなってしまいます。この辺りのことは事前によく打ち合わせしておくことが大切です。 それぞれの招待客が決まったら双方で見せ合い、意見を聞きます。次に、両親の意見を聞きます。両親の兄弟姉妹や、お世話になっている人の招待漏れがないかどうか、両家の人数や顔ぶれのバランスはどうか、などを見てもらうようにします。親戚の招待漏れは意外と多いので、両親への確認はしっかりしておくことが大切です。